header-logo

 

「高血圧の新常識」2024年 水無月

 

 

何を基準に考えたらいいか、わからない代表的な数字といえるのが「血圧」だろう。
どれくらい高かったらリスクなのか、低いと認知症のリスクが高まるという説もある。

 

永田宏さんの書籍
『健診結果の読み方 気にしたほうがいい数値、気にしなくていい項目』より
一部抜粋・再構成し、知っておくべき血圧の最新情報をお届けします。

 

血圧(BP)

身体計測の次は、たいてい血圧測定になります。

 

医学的には「血液(血流)が動脈の内壁に与える圧力」が血圧です。
単位は「mmHg」、水銀柱を何ミリ押し上げる圧力かを表しています。

 

血液は、心臓(左心室)が収縮することによって、全身に送り届けられます。
このときの血圧がもっとも高く「収縮期血圧」、一般的には「上の血圧」と呼ばれています。
逆に心臓が拡張して肺からの血液を取り込むときが、血圧がもっとも低くなります。
これが「拡張期血圧」ないし「下の血圧」です。

 

基準はどうなっているのでしょうか。
テレビCMなどでは、上が130を超えると大問題であるかのように煽っていますが、
そんなことはありません。
日本人間ドック学会の基準は、表6のとおりです。

 

202406a

 

130ぐらいなら「ちょっと気を付けましょう」といったレベルです。
臨床的には、上が140以上(かつ下が90以上)になると、高血圧と診断されます。
ただし159までは「Ⅰ度高血圧」、つまり軽い高血圧とされています。
それでもすぐに薬を始めようという医者もいますが、
まずは食事や生活習慣の見直しから、という医者も大勢います。
ちなみに上130〜139は「高値血圧」といって、まだ様子見(経過観察)の段階です。

 

昔はもっと基準があまく、1987年より前は「年齢+90〜100」と言われていました。
たとえば50歳のひとなら、140〜150より低ければ問題なしでした。

 

厚生労働省は1987年に高血圧の基準を発表しましたが「上180以上」というものでした。
ところがそれがどんどん下げられて、2009年に130となったのです。
(高血圧治療ガイドライン2009:日本高血圧学会)
しかしさすがに行き過ぎとの声が大きく、現在は前述のように少し緩和されています。

 

では実際の血圧の分布は、どうなっているのでしょうか。
表7に令和2年度(2020年度)の、東京都における収縮期血圧(上の血圧)の分布と、
上下の血圧の平均値を載せました。

 

加齢に伴って血圧が上がるのは自然な現象

注目すべき点は、男女とも年齢に伴って「要注意」や「異常」の割合が増大することです。
たとえば40代前半の男性では、要注意は22.7パーセント
(「130以上140未満」と「140以上160未満」の合計)ですが、
70代前半では52.1パーセントに達しています。
さらに異常(「160以上180未満」と「180以上」の合計)は、
40代前半男性で1.4パーセントしかいませんが、
70代前半になると6.4パーセントになっています。
女性でも同じ傾向が見られます。

 

また平均値を見ても、上の血圧は年齢とともに上がり続けています。
40代前半と70代前半を比べると、男性で10以上も上がっていますし、
女性では20以上も上がっています。

 

202406b 202406c

 

この問題について、加齢に伴って血圧が上がるのは自然な現象であって、
むしろ年齢に応じた基準を作るべきだという意見が、かなり以前から出ていました。
しかし実際に基準を変更しようという動きはまったくなく、
若者から老人まで同じ基準が使われ続けています。

 

基準値が180以上の時代には、高血圧患者はかなり少なめでした。(全国で約180万人)
表7を見ても明らかなように、いまでも180を超えるひとは、
男性70代前半で1パーセントですし、女性70代前半で0.9パーセントに過ぎません。

 

基準値を厳しくしたおかげで、患者は大幅に増えました。
潜在的な患者も含めて、全国で3000万人とも4300万人とも言われています。
ただし厚生労働省の「患者調査(令和2年)」によれば、
定期的に医者を受診している患者数の推計は約1500万人。
患者の2〜3人に1人しか受診していないことになります。

 

高血圧を放置してはいけないという話を、よく耳にします。
それが医学的には正しいのでしょう。
しかし4300万人が本当に医者に行きだしたら、病院はたちまち患者で溢れかえり、
医療崩壊を起こしかねません。
さもなければ、今の「3分診療」が「1分診療」になるか、どちらかです。

 

それよりもこれだけ多くの潜在患者が出るような基準値そのものが、
どこか変なのではないでしょうか。

 

低血圧

血圧というと高血圧ばかりに注意が向けられていますが、
低いほう、つまり「低血圧」はどうなっているのでしょう。

 

健診における低血圧の基準値はありません。
日本高血圧学会の基準でも、上120未満、下80未満を満たせば、
どれだけ低くても「正常血圧」と判定されてしまいます。
とはいえ上が80以下になったら、お医者さんもかなり慌てると思います。
心臓が止まりかけているかもしれないので。

 

表8は日本高血圧学会が決めた血圧の基準値です。
「診察室血圧」は病院で計る血圧、「家庭血圧」は家で計る血圧です。
大抵のひとは、病院では少し緊張するため、上の血圧が10〜20、
人によっては30以上も高くなります。

 

そのため最近は、家庭血圧のほうが重視されるようになってきています。
血圧が気になる人は、家庭用血圧計を買って、
家で毎日計って記録をつけておくべきです。
それを医者に持っていって、相談すればいいでしょう。

 

それはともかく、この表のなかにも「低血圧」という言葉は一切出てきません。
また日本「高血圧」学会は存在しますが、日本「低血圧」学会はありません。
つまり日本では、低血圧は病気として扱われていないということです。

 

202406d

 

ただし世界保健機関(WHO)の定義があります。
上100以下、下60以下の状態が継続しているものを、低血圧としています。
日本でもこれに準じて診断している医師が大勢いるので、健診の最後に行われる
「内科診察(医師による診察)」で「低血圧」と判断され、
その旨が健診結果に記載されることがあります。

 

低血圧の主な症状は、めまい、立ちくらみ、朝起きられない、などです。
しかし命にかかわることはなく、
しかも動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などのリスクが低いこともあって、
「低血圧は治療の必要がない」とする医師が少なくありません。
また治療といっても、食事や生活習慣の改善指導が中心になります。

 

低血圧に悩む人がどのくらいいるかは、よく分かっていませんが、
人口の約1〜2パーセントとする説があります。
人数で言えば、125万人から250万人といったところです。
また男性よりも女性のほうが多く、男女比は1:2とされています。

 

そんな低血圧が「認知症の発症と関係しているらしい」という研究が、
最近増えてきています。
中年期では高血圧が認知症のリスク因子とされており、
血圧を下げることで、将来の認知症をある程度予防できると考えられています。
ところが老年期になると、むしろ低血圧が認知症のリスクを高めるらしい、
ということが分かり始めてきたのです。

 

低血圧の人は、血液が全身に十分に回りにくいですし、
とりわけ脳はからだの最上部にあるため、血液不足になりやすいのです。
しかも高齢になると、ほとんどの人が動脈硬化になります。
血管が硬くなるため、血圧を上げなければ、ますます血流が減ってしまいます。

 

つまり低血圧が続くと、血の巡りが悪くなって、
脳細胞が酸素不足や栄養不足になるリスクが上がってしまうのです。
そのことが認知症の引き金になるらしい、と考えられています。
実際、高血圧の高齢者に降圧剤(血圧を下げる薬)を処方したら、血圧が下がり過ぎて、
かえって認知能力が低下した、という話をよく耳にします。

 

 結局、血圧が低すぎるのもよくないということでしょう。
年齢とともに血圧が上がるのは、むしろ自然な現象と捉えるべきです。
中高年は130〜140ぐらいあったほうが、頭も体も健康に暮らせるような気がしますが、
どうでしょうか。

 

集英社オンライン 参照

 


 

 

新型コロナが5類感染症に移行してから早1年が経ちましたね。
今も現在進行形でコロナ感染は続いているようですが、、、
新緑の良い季節です!お外にお出かけしましょー♪

 

今回は「血圧」のお話などを拾ってみました。
凝り固まった意見や考え方だけではなく、
様々な「見方&考え方」はあっても良いですから!

 

ご参考までに・・・
つづく。